展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

美術館概要

コレクション

展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

教育普及

刊行書籍

イベント情報土曜講座ワークショップ・鑑賞会

館内のご案内フロアマップミュージアムショップミュージアムカフェ

ご利用案内開館時間・入館料・休館日アクセスマップ

展覧会情報

次回の展覧会

国宝 雪松図と明治天皇への献茶

改元にちなみ、天皇に関係する作品を選んでの展覧会です。明治20年2月1日、京都御所の博覧会場で開催された京都博覧会において、三井家が明治天皇への献茶を行いました。応挙の雪松図屏風を囲い屏風とし、床には定家の小倉色紙、北三井家伝来の茶道具の名品を使った献茶席の再現です。ほかに天皇の宸翰や献上品の写しなど、天皇・皇室に関わる作品を選んでの展示は、改元の年に相応しい展覧会といえます。

年末年始の展覧会で、恒例となっています「国宝 雪松図屏風」の展示に合わせ、今回は令和改元にちなみ、館蔵品のなかから天皇や皇室にかかわる作品を選んでの展覧会です。その中心になるのは、明治20年(1887)に京都御所の博覧会場で開催された京都博覧会において、三井家が明治天皇への献茶を行った際の茶道具の展示です。また、菊をデザインした茶道具、帝室技芸員の作品、天皇宸翰とされる古筆切、そして三井家の当主たちが描いた絵画など、令和の新春にふさわしい取り合わせです。今回、「国宝 雪松図屏風」は全期間展示いたします。また、例年通り国宝の志野茶碗〈銘卯花墻〉も展示いたします。

展覧会の趣旨

毎年恒例となりましたこの時期の円山応挙筆「国宝 雪松図屏風」の公開にあわせ、今年は、令和改元にちなみ、館蔵品のなかから天皇にかかわる作品を選んでの展覧会です。主なテーマは展示室にて、明治20年(1887)2月1日、京都御所の博覧会場で開催された第16回京都博覧会「新古美術会」において、三井家が明治天皇への献茶を行った際に使用した茶道具の展観です。円山応挙の雪松図屏風を六畳の囲い屏風に使い、床には藤原定家の小倉色紙をはじめ、北三井家伝来の茶道具の名品が使われました。

また、明治23年(1890)に京都高等女学校で行われた皇后への献茶の茶道具、明治天皇御東幸の錦絵や、新橋〜横浜間鉄道開業式に使用された明治天皇の御召椅子(初公開)もあわせて展示いたします。

このほか、展示室1〜2では、菊をデザインした茶道具や工芸品、展示室3では、例年通り、国宝の志野茶碗〈銘 卯花墻〉、展示室5では、帝室技芸員の作品、展示室6では、浮世絵「三井好 都のにしき」、展示室7では、重要文化財の古筆手鑑「たかまつ帖」(重文)から、奈良から江戸時代までの天皇にかかわる古筆切、そして、最後に、三井高就(たかなり)・高福(たかよし)・高朗(たかあき)・高棟(たかみね)など、三井家当主が描いた絵画作品を展示いたします。令和改元の新春にふさわしい取り合わせです。

主な展示作品

展示室1〜展示室2 茶道具

館蔵の茶道具から、はじめに、伊勢神宮にゆかりの二見浦夫婦岩をデザインした青磁二見香炉(写真1)ではじまり、皇室の菊の御紋章にちなみ、菊をデザインした茶道具や工芸品を展示いたします。菊文様の香合(写真2)、明治天皇への献茶で使用した与次郎の日の丸釜の写し釜、胡粉で菊を盛り上げた茶箱(写真3)、菊蒔絵の棗(写真4)、菊を描いた乾山の銹絵角皿などを展示いたします。

作品画像
青磁二見香炉(銀製夫婦岩火屋) 1口
明時代 火屋:中川浄益作
北三井家旧蔵
写真1

作品画像
菊置上蛤香合 覚々斎書付 1合
江戸時代 新町三井家旧蔵
写真2

作品画像
桐木地菊置上茶箱 1箱
江戸時代 北三井家旧蔵
写真3

作品画像
菊桐蒔絵大棗 1合
江戸時代 北三井家旧蔵
写真4

展示室3 茶室「如庵」展示ケース

かつて北三井家が所蔵した国宝の茶室「如庵」を再現した展示ケースでは、国宝の志野茶碗〈銘卯花墻〉(写真5)を展示いたします。床には後水尾院の和歌懐紙がかかります。

国宝 志野茶碗 銘卯花墻
桃山時代
室町三井家旧蔵
写真5

作品画像

展示室4 明治天皇への献茶

展示の最初に、明治天皇にちなみ、明治維新で天皇が京都から東京へ「御東幸」された際の錦絵、新橋〜横浜間の鉄道開業式で明治天皇が使われた御休所用の御召椅子(写真6、初公開)と新橋駅の錦絵を展示いたします。次いで、幕末から明治へと激動の時代に近代の三井家の礎を築いた北三井家八代三井高福(たかよし)の画像(写真7)、高福の息子たちのうち、長男で北三井家九代を継いだ高朗(たかあき)の画像(写真8)、八男で高朗の養子となって十代を継いだ高棟(たかみね)の写真(写真9) を展示いたします。

高福は鉄道開業式当日、新橋駅で東京市中の商人総代として挨拶をしました。その際の御召椅子が三井文庫に伝わっているのも、この関係によるものと思われます。高福は、東京遷都後の京都の発展を期して始まった京都博覧会の発起人の一人でもあり、その息子たちは京都博覧会に深く関与しました。京都博覧会と三井家との関わりを示す資料の一部を展示いたします。

作品画像
明治天皇御召椅子 1脚
明治時代
北三井家旧蔵
写真6

作品画像
三井高福画像 1幅
明治時代
写真7

作品画像
三井高朗画像 1幅
明治時代
写真8

作品画像
三井高棟肖像写真 1枚
昭和時代
写真9

明治20年(1887)の京都博覧会は、明治5年の第1回から数えて第16回を迎え、「新古美術会」と題して、京都御所御苑内の博覧会場(写真10)で開催されました。この年、明治天皇皇后両陛下は、孝明天皇の20年祭のため京都に滞在中で、2月1日、この博覧会に行幸啓を仰ぎました。この時、博覧会場の一角に抹茶と煎茶の献茶席を設け、抹茶席(写真11)は三井高朗と高棟が亭主となり、表千家の碌々斎の点前で献茶が行われました(写真12)。

博覧会場敷地図(『京都博覧会沿革誌』より)
明治時代
写真10

作品画像

円山応挙の雪松図屏風(写真13)を六畳囲い屏風に使い、床には藤原定家の小倉色紙(写真14)を掛け、表千家不審庵園中産の竹置筒花入を置き、釜は与次郎の日の丸釜(写真15)、茶碗は、天皇には和全作の金襴手天目(写真16)、真台子には、仁清色絵鶏香合に北三井家園中産の鶴羽箒、木地の棗に、祥瑞水指、青磁杓立、備前建水など、北三井家伝来の茶道具での取り合わせでした。

その時の随員には瀬戸肩衝茶入〈銘二見〉(写真17)に、御所丸茶碗(写真18)と長次郎の黒楽茶碗〈銘メントリ〉などが使われました。いずれも当時北三井家に伝わっていた名品・優品での取り合わせです。また、高朗と高棟が、明治23年(1890)に京都高等女学校で行った皇后への献茶で使用した茶道具の一部も展示いたします(写真19)。

作品画像
献茶席の図(『京都新古美術会品目』より)
明治20年
写真11

作品画像
献茶会記 碌々斎筆 1幅
明治20年
写真12

作品画像
国宝 雪松図屏風 円山応挙筆 6曲1双
江戸時代
写真13

作品画像
小倉色紙「うかりける…」 藤原定家筆 1幅
鎌倉時代
写真14

作品画像
日の丸釜 与次郎作 1口
桃山時代
写真15

作品画像
金襴手鳳凰文天目 和全作 1口
明治時代
写真16

作品画像
瀬戸肩衝茶入 銘二見 1口
桃山時代
写真17

作品画像
御所丸茶碗 1口
朝鮮時代
写真18

作品画像
色絵薄絵茶碗 仁清作 1口
江戸時代
写真19

展示室5 帝室技芸員の作品

展示室5は、館蔵品のなかから帝室技芸員の作品を展示いたします。帝室技芸員は、明治23年(1890)に制定された制度で、宮内大臣が任命した委員により推薦され、皇室の保護を受けた美術・工芸家です。この制度は昭和19年(1944)まで続きました。当館では、森寛斎・柴田是真(写真20)・橋本雅邦・川端玉章・竹内栖鳳・横山大観(写真21)・安田靫彦(写真22)・菊池契月・堂本印象・鏑木清方・前田青邨・小林古径(写真23)の作品がありますが、この中から展示ケースに入る小型の作品を選んでの展示です。このほか、皇室に献上した銀製鹿置物の写し、明治神宮での献茶用に作られた風炉・釜なども展示いたします。

作品画像
稲菊蒔絵鶴卵盃 柴田是真作 1対
明治時代 北三井家旧蔵
写真20

作品画像
江山煙雨 横山大観筆 1幅
昭和時代 室町三井家旧蔵
写真21

作品画像
九郎義経 安田靫彦筆 1幅
昭和17年(1942) 室町三井家旧蔵
写真22

作品画像
栗と虫 小林古径筆 1幅
昭和時代 室町三井家旧蔵
写真23

展示室6 浮世絵「三井好 都のにしき」

「三井好 都のにしき」(写真24)は、浮世絵師月岡芳年に師事した水野年方の描いた木版画揃物で、三越の前身である三井呉服店の明治37年頃の新作カタログとしての性格も兼ね備えたものです。四季のファッションを描いた13枚(うち目録1枚)の中から、秋から春までの6枚を展示いたします。

三井好 都のにしき「朝の雪」 水野年方画 13枚の内1枚
明治時代 個人旧蔵
写真24

作品画像

展示室7 天皇にかかわる古筆切と三井家当主の絵画

前半に、重要文化財の古筆手鑑「たかまつ帖」(写真25)のなかから天皇にかかわる古筆切37葉を展示いたします。後半は、北三井家の当主が描いた絵画のなかから新春にふさわしい作品(写真26〜28)を展示いたします。

作品画像
重要文化財 古筆手鑑「たかまつ帖」より「大聖武」 伝聖武天皇筆 1葉
奈良時代 北三井家旧蔵
写真25

作品画像
海辺群鶴図屏風 三井高福筆 6曲1双
明治18年(1885) 北三井家旧蔵
写真26

作品画像
草花図剪綵 三井高朗作 2曲1隻
明治時代 北三井家旧蔵
写真27

作品画像
天保九如図 三井高棟筆 2幅
明治時代 北三井家旧蔵
写真28

主催

三井記念美術館

次回の展覧会のご利用案内

ご利用案内

※次回「国宝 雪松図と明治天皇への献茶」の前売券を一般800円、大・高校生400円にて販売しております。
特別展「高麗茶碗」会期中(〜2019/9/1)の開館日、10:00〜16:30までの間、美術館受付チケットカウンターにて販売しております。
なお、払い戻しはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2005-2019 Mitsui Memorial Museum All Rights Reserved.