展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

美術館概要

コレクション

展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

教育普及

刊行書籍

イベント情報土曜講座ワークショップ・鑑賞会

館内のご案内フロアマップミュージアムショップミュージアムカフェ

ご利用案内開館時間・入館料・休館日アクセスマップ

美術館概要

展覧会のスケジュール

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月

三井記念美術館コレクション特別展 国宝の名刀「日向正宗」と武将の美

刀剣がキャラクター化され、女性に大人気の時代。当館の所蔵品では国宝の短刀「日向正宗(ひゅうがまさむね)」がキャラクターになっています。今回の展覧会は、これにあやかり国宝「日向正宗」ならびに重文の刀「加藤国広(かとうくにひろ)」など館蔵の名刀を中心に、刀装具や甲冑、武将の画像や大名家伝来の茶道具や雛道具などを展示いたします。江戸時代は豪商であった三井家ですが、大名や武家との交流も密にあり、意外に多くの美術品が伝わっています。

詳しくはこちら

※展覧会タイトル・期間につきましては変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

2020年度展覧会スケジュール

特別展 小村雪岱スタイル−江戸の粋から東京モダンへ

大正〜昭和初期に装幀や挿絵、舞台美術などで活躍した小村雪岱(1887-1940)。泉鏡花著『日本橋』の装幀を手掛け人気装幀家となりました。本展では江戸の粋を受け止め、東京のモダンを体現した「意匠の天才」雪岱の肉筆画、版画、装幀を中心に、その源流である鈴木春信から「東京モダン」への系譜を紹介します。また江戸の粋やモダンを感じさせる、近代工芸や現代工芸も併せて展示します。
詳しくはこちら

2021年度展覧会スケジュール

―雪月も花も友とて…― 茶箱と茶籠

雪も月も花も、四季折々の友として楽しまれた茶箱や茶籠。自分の好みにあった茶道具を一組集め、趣向を凝らした箱や籠に入れて茶の湯を楽しむのが、茶箱と茶籠の世界です。三井家の人々は江戸時代の終わりころから昭和の初めにかけて、様々な茶箱や茶籠を仕立てました。これら「数寄の玉手箱」を四季の草花図とともに展示いたします。

三井記念美術館コレクション特別展 日本・東洋美術にみる自然のすがた(仮称)

日本・東洋美術に表されたさまざまな自然のすがたを、多角的なアプローチによってご紹介します。例えば、情緒豊かな四季や風景が描かれた絵画、卓越した技法を駆使し自然の一瞬を捉えた工芸品、銘と造形によって自然を愛でることができる茶道具など、数々の館蔵品を通して皆様を自然の中へと誘い、その豊かな感性や表現力を味わっていただきます。

リニューアル工事のため、2021年8月23日(月)より2022年4月15日(金)(予定)まで、休館いたします。

Copyright © 2005-2021 Mitsui Memorial Museum All Rights Reserved.