展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

美術館概要

コレクション

展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

教育普及

刊行書籍

イベント情報土曜講座ワークショップ・鑑賞会

館内のご案内フロアマップミュージアムショップミュージアムカフェ

ご利用案内開館時間・入館料・休館日アクセスマップ

展覧会情報

開催中の展覧会

没後200年 特別展 大名茶人・松平不昧 ―お殿さまの審美眼 ―

今年は大名茶人として名高い松江藩主松平不昧(1751-1818)が没して200年になります。不昧は広い人脈のもとに優れた書画や名物道具、美しい調度品など、名品を数多く蒐集しましたが、その中には今日、国宝や重要文化財に指定されているものも多く見られます。本展では不昧が愛蔵した名品の数々、さらに不昧像が窺われる自筆の書画や好んで作らせた器なども紹介いたします。

茶の湯を極める ― 大名茶人の誕生

松平不昧は、松江藩松平家第七代藩主で治郷(はるさと)といい17歳で藩主となる。藩財政を立て直した名君として知られ、また茶の湯を好み不昧と号し大名茶人の一人に挙げられる。

不昧は石州流茶道を学び、江戸後期の遊芸化した茶道に対し利休の茶に帰ることを唱え、生涯にわたって禅学を修め茶禅一味の茶の湯を極めた。名物茶器を記録した『古今名物類聚(ここんめいぶつるいじゅう)』の出版、散逸を心配し「天下の名物にして一人一家一国の宝にあらずと知るべし」という信念による茶道具の蒐集-『雲州蔵帳(うんしゅうくらちょう)』は高い評価を得ている。また自らの美意識により茶道具や茶室、お菓子などお好みの数々を作り独自の茶風を示した。

晩年、不昧は品川大崎の下屋敷に茶室11棟を備えた茶苑を作り茶の湯に興じ、「茶の湯は稲葉に置ける朝露のごとく、枯れ野に咲けるなでしこのようにありたく候」[茶楚]と、到達した境地を述べている。

作品画像
「不昧画像」
江戸時代・19世紀 月照寺

作品画像
「古今名物類聚」松平不昧 編
江戸時代・18世紀 島根大学附属図書館

作品画像
「円相の偈」松平不昧 筆
江戸時代・19世紀 天真寺
(展示期間:4月21日〜5月20日)

不昧が愛蔵した名品

松平不昧旧蔵の茶道具といえば、大名家ならではの唐絵や墨蹟、唐物茶器はいうまでもなく、さらに桃山時代以来、茶の湯の世界が伝えてきた侘茶の道具も数多い。明治維新を経て不昧が蒐集した茶道具の多くは、近現代の数寄者が所有することとなるが、いずれも不昧所持という由来が重視されている。不昧は、桃山時代以来練り上げられてきた茶の湯独特の鑑識を踏まえ、また鋭い感性をもって茶道具を選択したのであろう。現存する不昧所縁の名品には不昧好みともいえる一貫した美意識が窺われる。

作品画像
国宝「玳玻盞 梅花天目」
南宋時代・12世紀 相国寺

作品画像
重要文化財「赤楽茶碗 銘無一物」長次郎 作
桃山時代・16世紀 頴川美術館
(展示期間:4月21日〜5月20日)

作品画像
「錐呉器茶碗 銘山の井」
朝鮮時代・16世紀

作品画像
「信楽水指 銘三夕」
桃山時代・16〜17世紀

作品画像
国宝「片輪車螺鈿手箱」
鎌倉時代・13世紀 東京国立博物館
(展示期間:4月21日〜5月19日)
[Image: TNM Image Archives]

プロデューサーとしての不昧 ― 洗練を極めたお好み道具

不昧は名品を蒐集するだけでなく、それらを蒔絵師や塗師などの職人にみせて学習させ、さらに自分の美意識を反映したお好み道具として再生させている。たとえば国宝「片輪車螺鈿蒔絵手箱」の意匠と技法を引用して「片輪車蒔絵棗」を、「高台寺蒔絵棗」(余三作)のデザインを引用して「菊蒔絵大棗」を蒔絵師・原羊遊斎(はらようゆうさい)(1769〜1845)が手がけた。

松江では塗師・小島漆壺斎(こじましっこさい)(1761〜1830)や木工・小林如泥(じょでい)(1753〜1813)、陶工・長岡住右衛門(ながおかすみえもん) (1757〜1829)などが、不昧の指導により洗練されたお好み道具を多く創出した。

また不昧の周辺には、酒井宗雅(そうが)(1756〜1790)や朽木昌綱(くちきまさつな)(1750〜1802)などの大名茶人をはじめ、豪商の三井家などの町人、酒井抱一(1761〜1828)や木挽町狩野家の伊川院栄信(1775〜1828)、養川院惟信(1753〜1808)などの画家たちが、不昧の茶の湯や文化への深い造詣を慕って集まっていた。それはまさに、不昧を中心とする江戸後期の文化人サロンの様相を呈していたといっても過言ではない。不昧と彼らとの交流によって生みだされた工芸品や絵画も、洒落た魅力に満ちあふれている。

作品画像
「片輪車蒔絵棗」原羊遊斎 作
文政12年(1829)  MOA美術館

作品画像
「菊蒔絵大棗」原羊遊斎 作
文化14年(1817)

作品画像
「桐蒔絵茶桶」初代 小島漆壺斎 作
江戸時代・19世紀

作品画像
「瓢箪蒔絵弁当箱」酒井抱一 下絵・原羊遊斎 作
江戸時代・19世紀

作品画像
「柳燕図」狩野養川院惟信 筆・松平不昧 賛
江戸時代・19世紀 野村美術館
(展示期間:5月22日〜6月17日) 

主催

三井記念美術館、NHK、NHKプロモーション

協力

不昧公200年祭記念事業推進委員会

協賛

NISSHA株式会社

相互割引企画

三井記念美術館・畠山記念館相互割引企画

三井記念美術館「大名茶人・松平不昧」展と畠山記念館「大名茶人 松平不昧と天下の名物」では、
展覧会相互割引を実施します。お得なこの期間に、松平不昧の世界をご堪能ください。

実施期間
三井記念美術館

4月21日(土)〜6月17日(日)

没後200年 特別展
「大名茶人・松平不昧
−お殿さまの審美眼−」

畠山記念館

4月7日(土)〜6月17日(日)

春季展
没後200年 大名茶人 松平不昧と天下の名物
−『雲州蔵帳』の世界」

※展覧会の詳細については
畠山記念館ホームページをご確認ください。

割引概要
三井記念美術館

畠山記念館「大名茶人 松平不昧と天下の名物」展の
使用済半券の提示で、下記料金にてご入館いただけます。

割引価格

畠山記念館

三井記念美術館「大名茶人・松平不昧」展の使用済半券または
来館記念券の提示
で、下記料金にてご入館いただけます。

割引価格

※他の割引との併用はできません。  ※半券1枚につき1名様のみ有効です。  ※未使用の入館券は割引対象外です。

開催中の展覧会のご利用案内

ご利用案内

※次回特別展「金剛宗家の能面と能装束」の前売券を、2018/6/17までの開館日の10:00〜16:30の間、受付チケットカウンターにて、
一般1,300円→1,100円、大学・高校生800円→600円で販売いたします。
払い戻しはいたしかねますのでご了承ください。

Copyright © 2005-2018 Mitsui Memorial Museum All Rights Reserved.